家田荘子 公式サイト 〜極妻.com〜
 
家田荘子 宣材写真 スーツ
   

家田荘子プロフィール
作家・僧侶(高野山本山布教師・大僧都)
日本大学芸術学部放送学科卒業
高野山大学大学院修士課程修了
女優、OLなど十以上の職歴を経て作家に。

1991年、『私を抱いてそしてキスして―エイズ患者と過ごした一年の壮絶記録』で大宅壮一ノンフィクション賞受賞。
2007年、高野山大学にて伝法灌頂(でんぽうかんじょう)を受け、僧侶に。住職の資格を持つ。
高野山の奥の院、または総本山金剛峯寺にて駐在(不定期)し、法話を行っている。

著作は『極道の妻たち』®、『歌舞伎町シノギの人々』、『四国八十八ヵ所つなぎ遍路』、『女性のための般若心経』など134作品。
近著は、『少女犯罪』(ポプラ新書)、『昼、介護職。夜、デリヘル嬢。』(ブックマン社)、
最新刊『孤独という名の生き方』(さくら舎)、『熟年婚活』(角川新書)

高野山高等学校特任講師
高知県観光特使
大阪府泉佐野市観光大使

家田荘子
家田荘子って?
最近の本とおすすめ本
イッキに著作ご紹介
1985年〜著作集
1996年〜著作集
2000年〜著作集
2011年〜著作集
講演会など「ナマ家田」
お知らせ
家田荘子の2泊3日つなぎ歩き遍路日記
家田荘子の電車・バス「コラボ歩き遍路」
家田荘子の2泊3日つなぎ歩き遍路日記
コピーライト家田荘子オフィシャルサイト

 

 いきなり夏が来たり、春の気候に戻ったりと、寒暖差の激しい毎日が続いていますが、いかがおすごしですか?
今年は、桜の開花がどこでも一週間ぐらい早かったため、私はあちこちで桜の満開景色を見逃してしまいました。桜を見ると嬉しくなりますが、すぐに散ることを思うと、淋しくもなります。桜の木に喜怒哀楽がいっぱい詰まっているように思います。開花している桜の木を見る度、ここで立ち止まった人は、どんな人かな?どんなカップルかな?なんて想像したり創造したりしてしまいます。
 まもなく私の大好きな雨の季節と、大好きな暑い夏がやって来ます。 水行(すいぎょう)を19年間、年中繰り返している私は、水滴が好きなのです。頭にポトンと落ちた雨粒に「雨になる前はどこにいたの?」と聞きたくなります。毎月、歩き遍路を14年間しているので、暑さも結構慣れています。炎天下の町を遍路して歩くのですから、普段も暑さに慣れざるを得なかったというか・・・。
 14年前から始まった月イチの「つなぎ歩き遍路」(これは私が名付けました)ですが、現在12巡目です。5月に高知県が終わり、年内に12巡目が終了することでしょう。車遍路と合わせると14巡です。4月からまた例年のように霊山行(れいさんぎょう)も始まりました。季節と自然と共に行ずる日々が年内続きます。
 ところで、私は冬の間じゅう、本の執筆をしていました。『孤独という名の生き方』を出版した「さくら舎」から今回も出版されます。やっと一冊分、書き終えた所です。発売日やタイトルなど、詳しいことが判り次第、このホームページやブログでお知らせします。
 弘法大師の言葉を現代風に解釈したものを入れたり、取材をさせていただいた人のことを入れたりして、読んだその日から実践でお役に立てそうな本です。また、大流行中の熟年の婚活を取材した『熟年婚活』(角川新書)も、40代以上の方々はぜひ参考になさって婚活して下さい。
 お気付きの通り、ホームページをリニューアルしました。読んでいただきやすくなったことと思います。また講演のページを大幅改造いたしました。ぜひ御覧下さい。
 これから雨と暑い季節がやって来ます。今年の夏は特に暑いそうです。人がバテている時に、この時とばかり頑張れるのが夏生まれの私ですが、皆様は、くれぐれもお体を労って下さい。あまりに暑かったら、どうぞ世界遺産・高野山へ涼みにいらして下さい。といっても近年の夏の高野山は、30度まで気温が上がります。8月11日〜15日は、高野山にて一日中駐在法話をしております。

 修行や講演の様子など、そしてネコのことをブログに毎日載せていますので、ぜひご覧ください。スマホに向かって、「家田荘子のブログ」と言って下されば出て来ます。
家田荘子ブログ (ガラケイでもご覧になれるようになりました。)


 さて昨年は、流行に流されない2冊の本を出版させていただきました。
平均寿命がますます延びる中、40歳以上、熟年世代の婚活が盛んに行われています。
バス旅行を中心に大人気の婚活ツアーをはじめ、婚活クラブ、地下風俗、老人ホームにおける恋愛や結婚の実態を密着リポートしました。
『ダイヤモンドQ』の「プラチナ世代の恋と欲望」や『週刊朝日』のルポ「熟年婚活はいま」に連載されていた原稿に、新しく取材をし、大幅に加筆したノンフィクション作品で『熟年婚活』(角川新書)が出版されました。
 人は死を迎える直前まで恋ができるそうです。
 もし、迷っていたり、立ち止まっていたり、諦めた人、ずっと淋しい人がいらっしゃったら、この本をお読みになって一歩前に出る勇気や元気をもらっていただきたいと思います。書店さんで抵抗のある方は、電子書籍でもお読みになれます。


 『孤独という名の生き方』(さくら舎)も、関連している作品と思います。ぜひ、お読み下さい。『孤独という名の生き方』は、これまで私の本を読んで下さって来た読者の皆様と違って、多くの男性にお読みいただいているようです。「孤独」という意味は、実は先入観と違うということをぜひこの本で、男性も女性もお読みいただき、意識改革をしていただきたいと思います。また、私が許されている 修行 ( ぎょう ) の数々についても書いています。

熟年婚活    
  『熟年婚活』
  詳細はこちら >>
孤独という名の生き方    
  『孤独という名の生き方』
-ひとりの時間-ひとりの喜び-
  詳細はこちら >>

 

 四国つなぎ歩き遍路は、車遍路と合わせると14巡目です。遍路本って、男性目線が多いので、ぜひ『四国八十八ヵ所つなぎ遍路』(ベストセラーズ社)をご覧下さい。ノンフィクションを書く私が書いているのですから、景色も道も詳しく書いてあります。「忙しくて行けない」という方も、行ったつもりになれる本です。ぜひ、楽しんで下さい。
 また、『昼、介護職。夜、デリヘル嬢。』(ブックマン社)も、ぜひぜひ読んでいただきたい本です。風俗レポートではありません。きわどいタイトルですが、中身は大まじめです。誰もが将来お世話になる介護の本当の現場を知ってもらいたい。その上で、介護職がどんなに大変か、3K(汚い、きつい、危険)な上に、責任も持たされるのにどうしてこんなに賃金が安すぎるのか。どうして高齢者や介護に力を注いでくれる大臣がいないのか。国は、もっと高齢者や介護に力を入れなくてはいけない・・・そういったことを本の中でアピールしています。
 動き出さなくては、何も変わりません。そのためにぜひ皆様にお読みいただきたい本なのです。取材に3年を費やしたノンフィクション作品です。

 

四国八十八ヶ所つなぎ遍路    
  『四国八十八ヶ所つなぎ遍路』
  詳細はこちら >>
昼、介護職。夜、デリヘル嬢。    
  『昼、介護職。夜、デリヘル嬢。』
  詳細はこちら >>

 

 
高野山奥の院で駐在し、高野山本山布教師として
法話をさせていただいています。
  産經新聞。
ハッピーエイジング&ソナエ博で法話をさせていただきました。

 

 

 
1923年関東大震災で無くなった500名以上の
吉原遊女の供養を毎月し続けること19年目に突入しました。
  出羽三山(でわさんざん)月山(がっさん)8合目。
出羽三山は、羽黒山・月山・湯殿山の三山の修験行場をいいます。
     
 
四国八十八ヵ所霊場会22番札所・平等寺さんの法要で「こうやくん」と。   出羽三山に登り続けること20年目。
湯殿山の大鳥居の下で。
     
 

四国一の霊峰・石鎚山山頂に。
年3回以上登拝行をさせていただくこと19年です。

  高野山真言宗・四国地区特別伝道大会が香川県で開かれました。

 

少女犯罪    
  『少女犯罪』
  詳細はこちら >>


 書店さんに置かれていない場合は、はしごをなさらず、そのお店で注文していただけますよう、お願いします。
お手数をかけないですみます。他の本も同様にお願いします。

 

 
フジテレビ「バイキング」に出演させていただいた時、
大ファンだった「嘘の戦争」のポスターを廊下で見つけました。
  人権講演や男女共同参画、薬物乱用防止運動などで、
全国を巡らせていただいています。
     
 
高野山奥の院には、樹齢何百年という木がたくさんあります。   高野山高等学校で特任講師をさせていただいています。

 

 

  ウチのネコたちをご紹介します。
3ネコとも個性がとても強いのですが、共通点は甘えん坊。帰宅すると天ちゃん、空ちゃん、海ちゃんの順に抱っこして、うんと話を聞いてあげないといけません。うちは、首輪リボンもしていませんし、とにかく自由に、個性を尊重しています。なのになぜか体育会系で、ひと言で即座に全員が集合するのです。

 
ネコの缶詰め。((てん)ちゃん・ベンガル)   石鎚山山頂までもう少し。
     
 
海姉ちゃんと遊びたいなぁ・・・。   皆のいないうちに遊ぼっと・・・。((かい)ちゃん・ロシアンブルー)
     
 
土佐の「山北みかん」が大好きな空ちゃん。   大好きな「さくら 桃イチゴ」を食べている空ちゃん。
   
 
くまもんと2ショットの(くう)ちゃん・ソマリ   只今、ヨガのポーズ中。
     
 
海ちゃんも、くまもんが大好き。   眠いよぅ。でも「日田天然水」も飲みたいよぅ。
     
 
なんでも空ちゃんの真似をしたがる天ちゃん。
くまもんと2ショット。
  空ちゃんと天ちゃんを抱っこして自撮り。
至福の時です。

 ところで、これが家田荘子のホームページです。ネットで家田荘子を捜しますと、まちがいだらけで、びっくりします。書かれたら最後、消してもらえないので、本当に困ったものです。それに写真というと、7年以上前にやめたはずの金髪写真ばかり出て来ます。また家田の情報に関しては、過去の雑誌、新聞などをそのまま引用されたものが、ネット上で、家田のインフォメーションとされ、書き込みをされているのですが、もともと、家田に関する雑誌、新聞記事は、取材不足や取材をしないで、書かれたものが多く、まちがいばかりです。一度ネットに、書き込みをされてしまうと、いつまででもまちがい情報が生きてしまいます。さらに、それをご覧になって家田の情報として活用されることが少なくなく、大変困っております。「小説家」とか、肩書きからまちがっていますし、『極道の妻たち』®を知らない世代の人々に書き込みをされているので、作家になってから大宅壮一ノンフィクション賞をいただいた後までの大切な約11年間が、ほぼ空白になっています。これが「作家・僧侶」の家田荘子のホームページです。ぜひ「家田荘子って?」をごらん下さい。
  正しい情報や、プロフィールは、このホームページにあります。
  なお、家田は13年前にパソコンをやめています。 メールでのご連絡はできませんので、ご了承下さい。

 
 
弘法大師空海が修行をされたという御蔵洞(みくろど)(高知県)です。   つなぎ歩き遍路の11巡目途中、
「アンパンマン ミュージアム」(高知県)へ行きました。
     
 
高知県観光特使をさせていただいています。
野市の動物園前です。
  大本山 川崎大師平間寺で講話をさせていただきました。
     
 
ただいま、ストレッチ中。   大阪でオープンした「マハラジャ ミナミ」に行きました。
大好きな踊りをアメリカから日本に帰って以来、 初めて解禁しました。
 
家田荘子 宣材写真 法衣
Copyright (C) Ieda Shoko-Office. All Rights Reserved.