家田荘子 公式サイト 〜極妻.com〜
 
家田荘子 宣材写真 スーツ

家田荘子プロフィール
作家・僧侶(高野山本山布教師・大僧都)
日本大学芸術学部放送学科卒業
高野山大学大学院修士課程修了
女優、OLなど十以上の職歴を経て作家に。

1991年、『私を抱いてそしてキスして―エイズ患者と過ごした一年の壮絶記録』で大宅壮一ノンフィクション賞受賞。
2007年、高野山大学にて伝法灌頂(でんぽうかんじょう)を受け、僧侶に。住職の資格を持つ。
高野山の奥の院、または総本山金剛峯寺にて駐在(不定期)し、法話を行っている。

著作『極道の妻たち』®、『歌舞伎町シノギの人々』、『四国八十八ヵ所つなぎ遍路』、『女性のための般若心経』、『少女犯罪』(ポプラ新書)など135作品。
最新作 『大人の女といわれる生き方』〜ひとり上手の流儀〜 (さくら舎)、『熟年婚活』(角川新書)、『孤独という名の生き方』-ひとりの時間-ひとりの喜び-(さくら舎)

高野山高等学校特任講師
高知県観光特使
大阪府泉佐野市観光大使

家田荘子
家田荘子って?
最近の本とおすすめ本
イッキに著作ご紹介
1985年〜著作集
1996年〜著作集
2000年〜著作集
2011年〜著作集
講演会など「ナマ家田」
お知らせ
家田荘子の2泊3日つなぎ歩き遍路日記
家田荘子の電車・バス「コラボ歩き遍路」
家田荘子の2泊3日つなぎ歩き遍路日記
コピーライト家田荘子オフィシャルサイト


取材にご協力いただける方を募集しています

 

 春の訪れと共に新元号に変わりました。お正月が今年は2度来たような新しいスタートで、なんとなく心が踊ります。
昭和が、はるか遠くに行ってしまったようで、長い年月を生かされて来たことに改めて気づかされています。
 「平成」の元号が発表された時も、昭和から平成に変わった日も、私はアメリカ・ハワイ州ホノルル市に住んでいました。それゆえ元号が平成に変わった瞬間を日本で経験していないのです。アメリカにいる私の娘は、平成元年生まれです。2月生まれなので平成に変わってすぐでした。平成元年生まれということで、これまで娘の歳を数えやすかったのですが、これからは西暦で計算しなくちゃ歳が判らなくなりそうです。
 今年は、私にとっても、たくさんのことが「改めてのスタート」の年になりそうです。
 大雨でも、雪の中でも年中、毎月何度も続けている深夜の海での水行を始めて、まる20年。霊山に登拝する行を続けて、まる20年。1923年9月1日、関東大震災で亡くなった500名以上の吉原(東京都台東区)遊女の供養を毎月させていただくこと、まる20年。
 20年ということで、何か変化が起こるのではないかと内心期待しているのですが、この期待すること自体が煩悩でして、(お調子に乗ってはいけない、いけない)と、自分に言い聞かせています。
 月一回、一泊二日か二泊三日で行う「四国つなぎ歩き遍路」は、今、13巡目です。4月の段階で、およそ17500キロ、日本列島を3往復以上歩いたことになります。
でも、ただがむしゃらに歩いているだけではありません。雨の日も強風の日も猛暑の日も、雪の日も遍路をすることによって、自然や地元の人々と関わり、いろんなことを教えてもらっているのです。厳しさも、やさしさも、淋しさも、辛さも・・・。やさしくされると、私ももっと人に優しくしてあげたいと教わります。大人になると、だんだん何かを教えてくれる人がいなくなりますが、遍路をしていますと、年齢、性別、職業などに関係なく平等に、いろんなことを教えて貰えるのです。
 遍路には、いい季節がやって来ました。まだ経験のない方、一度四国へ行ってみませんか?四国の海や空の美しさ、食べ物の美味しさ、人の温かさは、きっとあなたの心をとらえて離さなくなると思います。
 今年は、僧侶として、もっとステップアップしたいと、勉強を重ねています。覚えるのは年ごとに大変になって来ているので、忘れては勉強し、また忘れて勉強し・・・のくり返しです。
 806年、遣唐使として中国にいらした弘法大師空海が師僧の恵果阿闍梨(けいかあじゃり)から、「一日も早く、日本に戻って、日本の皆さんにこの密教を伝えなさい。努力努力(つとめろやつとめろや)」と、おっしゃいました。あきらめないこと、続けること、小さな努力の積み重ねをすれば、いつか花開きます。何度でも花を咲かせられます。どこへ移っても、どの世界へ行っても、また花を咲かせられます。その時を目指し、やっぱり私も努力を続けて行きたいと思います。
 大きな変化はなくても、続けられることこそが幸せと感謝して・・・。
 今年は、何か新しいことを始めたいと思い、心ときめかしている私ですが、時の流れは早いです。すぐに 令和元年が終わってしまいます。時間に追い越されないようにしなくては・・・。

 さて、さくら舎からの新刊ですが、
『大人の女といわれる生き方』〜ひとり上手の流儀〜です。
 今や、いつのまにか、「許す」ということができない世の中になって来てしまいました。失敗が許されず、何かはずれたことをすると、その人がつぶれるまで、徹底的に攻撃をします。SNSの力も加わっているのでしょう。けれども、やり直すチャンスを与えず、完全に潰す・・・ここ数年、多くの人が潰されましたよね?そういう時代になってしまったからこそ、一歩一歩一つ一つしっかりと自分の歩幅で積み上げて行ってほしいのです。何があってもつぶれないよう土台造りだけは、しっかりやって、ステキな大人であってほしい。たとえ人から「遠回りだ」とか「損な人だ」と言われようとも自分自身を大切に。。。 そんな願いを込めて書きました。
 本の中には、弘法大師空海のお言葉もいくつか入っています。考え方、捉え方ひとつで、人生の歩み方が変わるのです。ぜひ、人生のお供に加えてほしい一冊です。今年の冬の間じゅう、心を込めて執筆していた『大人の女といわれる生き方』です。

 同じさくら舎からの『孤独という名の生き方』もぜひ御覧下さい。
『大人の女といわれる生き方』〜ひとり上手の流儀〜    
  『大人の女といわれる生き方』
〜ひとり上手の流儀〜
  詳細はこちら >>

 

同じさくら舎より『孤独という名の生き方』という『大人の女といわれる生き方』同様、「生き方」本が出ています。ぜひ、お読み下さい。『孤独という名の生き方』は、これまで私の本を読んで下さって来た読者の皆様と違って、多くの男性にお読みいただいているようです。「孤独」という意味は、実は先入観と違うということをぜひこの本で、男性も女性もお読みいただき、意識改革をしていただきたいと思います。また、私が続けることを許されている修行(ぎょう)の数々についても書いています。

孤独という名の生き方    
  『孤独という名の生き方』
-ひとりの時間-ひとりの喜び-
  詳細はこちら >>

 

 婚活を取材した『熟年婚活』(角川新書)も、40代以上の方々はぜひ参考になさって積極的な婚活をして下さい。
今は、20代より、40代以上の方々の婚活の方がさかんです。
 お気付きの通り、ホームページをリニューアルしました。読んでいただきやすくなったことと思います。また講演のページを大幅改造いたしました。ぜひ御覧下さい。

熟年婚活    
  『熟年婚活』
  詳細はこちら >>

2019年の高野山奥の院、または、総本山金剛峯寺での駐在・法話の予定日は、
4月27日(13時〜)・29日は、総本山金剛峯寺。
4月28日・30日(16時半まで)は、奥の院です。
※前日に変わる可能性もあります。

8月11日13時から15日16時半まで
(初日は総本山金剛峯寺)
他の日は奥の院かどちらかまだわからず、近くなりましたら、ブログかホームページでお知らせします。
または当日、高野山大師教会か、総本山金剛峯寺でお尋ね下さい
ぜひ、お立ち寄りください。

 修行や講演の様子など、そしてネコのことをブログに毎日載せていますので、ぜひご覧ください。スマホに向かって、「家田荘子のブログ」と言って下されば出て来ます。
家田荘子ブログ (ガラケイでもご覧になれるようになりました。)

 四国つなぎ歩き遍路は、車遍路と合わせると15巡目です。四国で皆さんとお会いできますこと、とても楽しみにしています。「やっと会えた!」と、四国でよく声をかけていただきます。とても嬉しい瞬間です。遍路本って、男性目線が多いので、ぜひ『四国八十八ヵ所つなぎ遍路』(ベストセラーズ社)をご覧下さい。ノンフィクションを書く私が書いているのですから、景色も道も詳しく書いてあります。「忙しくて行けない」という方も、行ったつもりになれる本です。ぜひ、楽しんで下さい。
 また、『昼、介護職。夜、デリヘル嬢。』(ブックマン社)も、ぜひぜひ読んでいただきたい本です。風俗レポートではありません。きわどいタイトルですが、中身は大まじめです。誰もが将来お世話になる介護の本当の現場を知ってもらいたい。その上で、介護職がどんなに大変か、3K(汚い、きつい、危険)な上に、責任も持たされるのにどうしてこんなに賃金が安すぎるのか。どうして高齢者や介護に力を注いでくれる大臣がいないのか。国は、もっと高齢者や介護に力を入れなくてはいけない・・・そういったことを本の中でアピールしています。

 動き出さなくては、何も変わりません。そのためにぜひ皆様にお読みいただきたい本なのです。取材に3年を費やしたノンフィクション作品です。

 

四国八十八ヶ所つなぎ遍路    
  『四国八十八ヶ所つなぎ遍路』
  詳細はこちら >>
昼、介護職。夜、デリヘル嬢。    
  『昼、介護職。夜、デリヘル嬢。』
  詳細はこちら >>

 

 
高野山奥の院で駐在し、高野山本山布教師として
法話をさせていただいています。
  西日本豪雨被災地。
岡山県倉敷市真備町(まびちょう)の岡田小学校に慰問に行ってまいりました。
建物の一階の中味が全部流れてしまっているという大変悲惨な町の姿に変わっていました。
とても明るく穏やかな町でしたが。

 

 

 
1923年9月1日、関東大震災で亡くなった500名以上の吉原遊女の供養を毎月し続けること、20年目に入りました。   毎月「つなぎ歩き遍路」をすること12年。
12巡目が結願しました。今年から13巡目です。
     
  高野山真言宗の寺族婦人会の研修会
湯殿山(ゆどのさん)の大鳥居。
20年前たった一人で、地図だけを頼りに始まった出羽三山の登拝行。
毎年9月、登拝しながら、沢山のことを教わって来ました。
  石和温泉で、高野山真言宗の寺族婦人会の研修会が開かれ、法話をさせていただきました。
     
岡山県婦人協議会「男女共同参画学習会」   神戸市中央区人権週間特別講演会

岡山県婦人協議会「男女共同参画学習会」で講演をさせていただきました。
西日本豪雨で一度は延期になった学習会です。

  神戸市で、「中央区人権週間特別講演会」が開かれ、「一緒に生きていこう 〜あなたの愛を求めています〜」というテーマでお話をさせていただきました。
講演詳細

 

少女犯罪    
  『少女犯罪』
  詳細はこちら >>


 書店さんに置かれていない場合は、はしごをなさらず、そのお店で注文していただけますよう、お願いします。
お手数をかけないですみます。またネットでご注文下さい。他の本も同様にお願いします。

 

 
開運「なんでも鑑定団」(テレビ東京 1/13再放送)に2度目の出演です。   NHKラジオ深夜便に出演させていただきました。
アンカーは、桜井洋子アナウンサーさんです。
     
高野山東京別院   高野山高等学校で特任講師をさせていただいています。
高野山東京別院で法話をさせていただきました。   高野山高等学校で特任講師をさせていただいています。
教育(PTA)向け 講演詳細
     
松坂市肢体不自由児(者)父母の会60周年記念大会   大本山 川崎大師平間寺で講話をさせていただきました。
松坂市肢体不自由児(者)父母の会60周年記念大会で皆さんと。
きれいな笑顔です。
  大本山 川崎大師平間寺で講話をさせていただきました。
法話・講話詳細
     
 
毎年11月3日は、石鎚山頂上社の閉門式です。   雪の中の60番札所・横峰寺
横峰寺さんは、石鎚山の中にあります。
     
 
室戸岬(高知県)の御蔵洞(みくろど)
お大師様が修行をされたといわれる場所。
ここが私の法話の原点です。
  テレビ東京の人気番組「おしゃべりオジサンとヤバイ女」に出演しました。

 

 

  ウチのネコたちをご紹介します。
弘法大師空海から勝手にお名前をいただいちゃいました(くう)ちゃんと(かい)ちゃん。末っ子のベンガルは、(りく)ちゃんだと自衛隊になってしまうので、(てん)ちゃんと名付けました。通称「あほちん」です。本(ねこ)(本人)も、「あほちん」という名前だと思っています。
 人と同じように、ネコにもネコ社会があります。ひとネコ(1人)だけでは判りませんが、 何猫(なんねこ)かいると社会や生活、そして個性もよーく見えて来ます。真剣に研究したいくらいとても面白いです。
 ちょっと頭が賢くないけれども、一番元気で、明るく純粋な性格の天ちゃんが、昨年5月1日に糖尿病を発症しました。ネコ社会でストレスを感じながら、それを全く表に出さず、「あほちん」をしていたのです。愛情表現をどうやったらいいのか、ちょっとよく判らないだけなのに・・・。天ちゃんの場合、他のネコとの生活にストレスを強く感じ糖尿病になったそうです。一番おしゃべりで、とても明るくて、一番皆のことが大好きで、いつも私にくっついて歩いている天ちゃん。皆と一緒に遊んだり、皆と一緒にごはんを食べたり、楽しみを分け合いたくて誘うのですが、他の子たちが、天ちゃんと同じ気持ちではなく、カラ廻りばかりなのです。
 病気になって、弱肉強食の社会からはずれてしまった天ちゃんは、さらにストレスに弱くなり、「糖尿病性ケトアシドーシス」という重病を併発してしまいました。突然「ケトン体」というものが出ると重篤に陥ってしまいます。
 というわけで、入退院をくり返しています。先日三度目の入院の時、「家にもう帰れないかもしれません」と医師に言われましたが、医師と看護士さんが一生懸命ケアをして下さり、元気に戻って来ました。
 入院してもすぐ順応して快適に過ごしてしまう天ちゃんです。病院がウチになってしまわないよう、入院中は毎日、一時間かけて面会に行き、家族を忘れないよう30分近く抱っこしてあげていました。
人も退院すると、あれが食べたい、これがしたいとなりますが、3回目の退院のあと、天ちゃんも初めて、ちょっとわがままを言うようになりました。美味しい方の缶詰がいいとか、乾燥ササミが欲しいとか、貰えるまで総合栄養食ドライフードのハンガーストライキをするのです。
 私は仕事を終えて午前二時すぎに眠るのに、天ちゃんのスケジュールに合わされ、午前五時には、「おはよーっ」と、天ちゃんに起こされ続けます。ずっとずっと睡眠不足が続いています。
 が、かわいいかわいいネコ達のこと。私は、この子たちに一番弱いのです。先のことは考えず、「今」を精一杯生きているネコたちに、もっと今を一生懸命生きなさいと教えられています。


 ブログで「糖尿病の天ちゃん」の面白い日々を載せています。天ちゃんが大阪弁でつぶやく「天ちゃんのブログです」ぜひ御覧ください。

 
天ちゃん
「空にいちゃん、大好き」
(くう)ちゃん

「そ、それっとサカリのポーズですが、
 僕も男でして・・・」
  「青メロン大好きだにゃ。
 好きなのは、青メロンと佐藤錦(さくらんぼ)と、
 マンゴと桃と、高知の山北みかん!
 スイカが甘いかどうかは、切らないでも当てちゃうよ。」
     
 
(かい)ちゃん
「ん?呼んだ?」

天ちゃん
「ん?呼んだ?」
 
海ちゃん
「はーい」
天ちゃん
「はーい」
海ちゃん
「んもう!マネしないでよ!!」
     
 
「うぐぐぐ・・・血ィ取られた! 今日は、糖尿病の定期診察や」   「ネコ・ラップ、踊ってんねん。今日はスーパー元気や!」
   
 
「あ、しもた!イテテテ。。。ネコも高いトコから落ちる!
 病気しとる間に、悪さするカンが鈍ってしもた」
 
天ちゃん
「空兄ちゃん、アタック行くで!」
空ちゃん
「ぼ、僕、うまくレシーブできるでしょうか?
 ドキドキドキドキ」
天ちゃん
「使えんやっちゃな」
     
 
海ちゃん
「んもう!いつも私のトイレを使って!汚いわね」
天ちゃん
「はぁ?」
 
海ちゃん
「どきなさいよ、私が食べてあげる」
天ちゃん
「いやや。これは、わいのご飯や」
海ちゃん
「あんた、私のご飯盗み喰いしたでしょ!」
     
 
天ちゃん
「スキあり!
 やっと海ねぇちゃんにキスしたで!!」
 
天ちゃん
「猫じゃらし、わいのもんや」」
空ちゃん
「じゃんけん・にゃ」
天ちゃん
「パー!なんや、あいこや」
毎日毎日じゃんけんをしています。
     
   
「いつも真面目に。なんでも真面目に。
 爪研ぎも真面目に一生懸命。
 糸紡ぎするように真剣に爪研ぎを。
 これが僕の生き方なんです。」
   

 ところで、これが家田荘子のホームページです。ネットで家田荘子を捜しますと、まちがいだらけで、びっくりします。書かれたら最後、消してもらえないので、本当に困ったものです。それに写真というと、6年以上前にやめたはずの金髪写真ばかり出て来ます。また家田の情報に関しては、過去の雑誌、新聞などをそのまま引用されたものが、ネット上で、家田のインフォメーションとされ、書き込みをされているのですが、もともと、家田に関する雑誌、新聞記事は、取材不足や取材をしないで、書かれたものが多く、まちがいばかりです。一度ネットに、書き込みをされてしまうと、いつまででもまちがい情報が生きてしまいます。さらに、それをご覧になって家田の情報として活用されることが少なくなく、大変困っております。「小説家」とか、「ノンフィクション作家」とか肩書きからまちがっていますし『極道の妻たち』®を知らない世代の人々に書き込みをされているので、作家になってから大宅壮一ノンフィクション賞をいただいた後までの大切な約11年間が、ほぼ空白になっています。これが「作家・僧侶」の家田荘子のホームページです。ぜひ「家田荘子って?」をごらん下さい。
  正しい情報や、プロフィールは、このホームページにあります。
  なお、家田は14年前にパソコンをやめています。 メールでのご連絡はできませんので、ご了承下さい。

   
「今回は、ここまでや。ブログの方も見てにゃ」    
 
家田荘子 宣材写真 法衣
Copyright (C) Ieda Shoko-Office. All Rights Reserved.